ブレークスルー・トーク|「未来を想像してごらん」成熟社会に求められる学生たちのリーダーシップ|全2回

山田信博  国立大学法人 筑波大学長  ×  竹村富士徳  フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社  代表取締役副社長

生活習慣病研究の権威として知られる医学博士の山田信博氏は、現在、筑波大学の学長として、成熟社会における教育の新たな土台づくりに取り組んでいます。物質的に事足りてしまった今の世の中で、いかに若者たちを自ら目覚めさせ、国に活力を吹き込んでもらうか。また、そこで果たすべき教育の役割、サポートシステムの重要性について、弊社 代表取締役副社長 竹村富士徳と熱く語り合いました。

第1回  開かれた未来へ  〜自らのミッションに目覚めるリーダーシップ

第2回  社会のハートを支える  〜自らのオンリーワンを見出すリーダーシップ

プロフィール

山田信博(やまだ・のぶひろ)

国立大学法人 筑波大学長。1951年12月生まれ。1976年3月 東京大学 医学部医学科卒、1986年12月 東京大学 医学部第三内科 助手・講師・助教授、1999年5月 筑波大学 臨床医学系教授、2007年4月 国立大学法人 筑波大学 理事・附属病院長、2009年4月より現職。内科学を専門とし、動脈硬化症の病態生理、糖尿病、高脂血症を研究テーマとして治療に取り組んでいる。