ブレークスルー・トーク|サイエンスと社会をつなぐ情熱と幸福のイノベーション(全4回)

丸 幸弘 株式会社リバネス代表取締役CEO×竹村富士徳

東京大学大学院在学中、サイエンスと社会を橋渡しする新しいパラダイムのベンチャー企業「リバネス」を起業した丸幸弘氏。多岐に及ぶコンテンツを手掛けつつ、そのパッションは、個の力を最大限に引き出し世の中に貢献する仕組みづくりへと注がれている。社会を幸福に導く個と組織のリーダーシップのあり方について、自らの本質をあくまで研究者と位置づけ、すべては研究途上にあると語る丸氏と、弊社 取締役副社長 竹村富士徳が語り合います。

第1回ビジネスに研究手法を持ち込む~偉大なバイブルは万能である

第2回基本は人格主義と豊かさマインド〜個のパッションが世の中を動かす

第3回リーダーシップとマネジメントの極意~全員ができなければ船は沈む!

第4回パッションが起こすイノベーション~個のネットワークが幸福を生む

プロフィール

丸 幸弘(まる・ゆきひろ)

1978年 神奈川県横浜市生まれ。東京大学大学院 農学生命科学研究科 博士課程修了。2002年の修士在学中に理工系大学生・大学院生のみでベンチャー企業「リバネス」を設立。中高生に最先端科学を伝える「出前実験教室」を中心に、理系のバックグラウンドを活かした多彩な事業展開を手掛ける。2011年、店産店消の植物工場により「グッドデザイン賞2011ビジネスソリューション部門」を受賞。サイエンス分野のベンチャー企業の立ち上げに携わるイノベーターとしても活躍。2014年2月、『世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる。』(日本実業出版社)を上梓。